レースで得たノウハウを大切にお客様のご要望に応えます。
 2004年1月に現在の横浜市都筑区で創業、当初の業務内容としてはFRP製品の製造が主たるもので、レース用カーボン製品の製作は研究の域でした。FRPの製造技術を基に、オートクレーブ成形法へ繋ぎ、私の車両開発試作の経験を加え、設計データから各種のNC切削型を加工、完成したカーボン成形品の切削追加工等、色々トライした時期になります。
 2013年、全日本ロードレースに参戦中の深津拓真が正式なメンバーとして加わり、転換期を迎える事になります。レースへの理解力が社内へ深く浸透していった時です。 レース世界には様々な魅力が存在すると思います。その反面、危険な側面や、厳しさ、特に各種製作の現場においては、綺麗ごとで通用しない、極めて短期の開発力が要求されます。その特性を正しく理解する事が受注へと直結していきました。
結果として業務内容は一変し、100%カーボンプリプレーグ材のオートクレーブ成形品を製造する会社になりました。
 2016年12月、CFRP成形用パールボード型製作ではQCDトップレベルの株式会社   フジナミをM&Aによりグループ化、株式会社ACJとして発足いたしました。相乗効果により、レイアウトデータの授受検証から型設計・NC型製作・治具製作・検具製作・製品成形・検査払い出しまでの全てを社内対応とする新体制を構築。優れた開発力、より短納期に対応する力を獲得しています。
 国内外のお得意様からは四輪・二輪レース用カーボン部品を手掛ける専門メーカーとしてご愛顧いただいております。
我々の目標は、より高精度なパーツをより短期で作り上げる体制を追及し続ける事。 作り上げた製品をお客様へ提供する事で、レース世界に貢献したいと願っております。

株式会社エアロクラフトジャパン 代表取締役 深津昭夫